無課金でゲームをすることについて

約9割の人は無課金でスマホゲームしているそうです。

約1割の人が、ゲームの製作費や運営費などを払っていることになります。

このシステムは嫌い。

嫌いだからゲームやめたい。
「だからやめろって」と自分に突っ込んでます。

昔のように、最初にお金を出して買うシステムが良かったです。
それならハマらない。というか、お金が無いから最初から買えないわけですけど。

今の課金システム作った人は、ハマる人の心理を研究し尽くしていますね。依存症を作るシステムというか…。
まあ、冷静にハマらない人はハマらないわけだけれど。

お金を儲けることは大事な事だけど、脳のコントロールを失わせるのを意図してシステムを作るのは、悪意を感じます。特にガチャ。
キャンディークラッシュみたいに先のエピソードに進みたかったら課金してね、というシステムは良いほうなのかも。(キャンディークラッシュも一時期ハマりました。)

このハマる人の心理を追求したシステムのせいで、やめられなくなっているし。
システム制作者の術中にころっとはまっている。

無課金でやってる私が文句いうのもおかしいんですけど。

ゲームを始めて1か月くらいしたとき、無課金でゲームをやることに少し罪悪感を感じました。
まだ「やめたければいつでもやめられる」と思っていたころです。
スーパーで試食だけする人みたいでいやだな、という感覚。

私の周りでも何人かスマホゲームやっている人がいたので、
「少しくらい課金したほうがいいかな?課金してる?」って聞いてみたんです。
結婚式とかのお祝儀の額は周りの人とそろえたい、という感覚。(;´∀`)

そしたら「課金したら”終わり”でしょ」
ってみんな言うんですね。終わりの意味が良くわからなかったんですが、無課金でどこまでいけるかという挑戦のようです。

みんな無課金だと、運営さんはやっていけないんじゃないかと思ったら、ごく一部の人の重課金で収益の大部分を占めていることを知ったんです。なんて鬼システム(-“-)

あまり使えるお金がなかったのと、課金しなくてもゲーム内コインやルビー(ゲームを有利に進める)なんかをこつこつ貯めるのが得意だったので(-_-;)3年間、無課金のままできています。課金してゲーム内ルビーに交換する誘惑は常にありますけれども。

1割の課金している人の中には、ゲームを作っている人へのお礼の気持ちや応援を込めて、適正な額(自身の感覚)を払ってゲームを楽しんでいる方もいます。

本来はそれが理想かなと思います。

でも私の場合、適度に楽しむなんてできないし、課金したらその分、長くゲームができてしまう。

ゲームをやらなければならなくなってしまう。


そして、さらに執着が増すと思います。(課金したら終わりって、こういうことだったりして。無課金でも結局やめられてないけど。)
だから「こんなに遊んでいるのに、お金を払わない」ことに罪悪感はありません。

早くやめたい。
やめなければ、と思う。

今もパソコンからスマホ充電しつつ、スマホゲームの30分ごとに貯まるライフを消化しながら書いています。

今ゲーム内のイベント中で無課金でも、いつもより長くゲームできるようになっています。ゲームしてる時間のほうが長いかも。やばいです、時間がもったいない…。今日は4時間くらい無駄に歳とりました。

やめる決意を持たなければ…。

脱。スマホゲーム。

。。。

またこのパターンか( ;∀;)

にほんブログ村ランキング



↑応援求む(-人-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする