ゲームは頭を使っていない、と思う

ここ数日、書きたいことは沢山あるのに、全く文章にならなくて、悩んでしまいました。

文章にならないというか、話題があちこち飛んだり、論理がめちゃくちゃだったりして、これではなにも伝わらない、という感じの文章になってしまっていました。

実は別の記事を書いてアップしたのですが、読み返してみると、なにが言いたいのかわからない記事になっていたので、書きなおしています。

そういう時の記事に限って、時間だけはかかっているんですけどね。

ブログをこつこつ書き続けている方、リスペクトです。(`・ω・´)ゞ

ちょっと前まで仕事と家事の合間は、ゲームしかやっていなかったので、ゲームで衰えた頭が戻っていないような気がします。

ゲームは頭を使っているようで使っていません私はそう思います。

ゲームを製作する人で、ゲームの研究をしている人ならゲームをすることで頭を使っているかもしれませんが、プレイしているだけでは左脳を少し使ったにすぎません。

ゲームをしているときと、こうして文章を書いているときの頭の感覚を比較してみて、そう感じるのです。今頭を使っているな、とか、使っている感じはするけど、脳の成長はしていないな、とか。

”ゲームをするための脳”は発達するかもしれないけど、せっかく発達しても他に応用がいっさいききません。ゲーム内でのみゲームを上手にこなすためだけの脳です。

それを私はムダだと感じます。

普通は脳にネットワークができれば、別の事をするときにもそのネットワークが生きてくるものだと思います。

しかし、ゲームのネットワークはゲーム内のみ。生きていく力になりようがありません。

まあ、今ゲームから離れているから、ムダっていえるのかもしれません。ゲームやっているときは、頭使ってるよ~って思ってた気がします。(^^;)

アイテムをどう使うかとか、コインをどう使うと効率的かとか。攻略するためにばかばかしいほど必死で考えていました。( ;∀;)

ムダでした。。。

脱スマホゲーム、20日目v

にほんブログ村ランキング



↑応援求む(-人-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする