3か月ぶりにウォーキングに行きました

気候が良くなったので、友人とウォーキングに行きました。

数年前までは週2回くらい、ひとりで朝ウォーキング1時間していました。いつからやらなくなったんだろう、と思い返してみると…3年前ツムツムを始めたころですね。やはり。(゚Д゚)

ゲームをやるようになって、後回しにできることは後回しになり、やらなくてもいいことはできなくなり、少しづつウォーキングはやらなくなっていきました。

せっかく良い習慣ができていたのに、あっさりゲームに侵略されていましたそのことにも今まで、気がつきませんでした。

そのころは単純に自分は意思が弱いから続かない、しょうがない、と思っていました。

それからは自分の意思だけではなかなかできないので、姉や友人を誘ってウォーキングをするようになりました。

人を誘う時は、やはり気候がいい時期になります。お互いの都合を調整して、私としては3か月ぶりのウォーキングになりました。(3か月前は姉と歩きました)

久しぶりなのに17キロくらい歩きました(゚∀゚)1年半ぶりに会う友人だったので、積もる話が尽きません。

途中で、和食の優しい味のお店でランチ。ご飯は大盛りか普通盛りか聞かれて、もちろん大盛り( *´艸`)でも盛り方も優しかったので(笑)それで腹八分におさまりました。

久しぶりだったので疲れました~。足も痛くなってしまいましたが、達成感が心地良いです。

お散歩中やお昼寝中のにゃんこに4匹会いました。

(写真はイメージです^^)

秋のいい香りがして、移りゆく季節を感じるのは心地良いです。

スマホゲームをしていたころは、こういう感覚がどうでも良くなってしまっていました。ゲームの刺激が大きすぎて、ウォーキングをしていても、ちっちゃいことに感動する心がなくなってしまっていた気がします。

以前はひとりで歩くのも好きだったのですが、今思うと「ひとりのウォーキングは刺激が弱くてつまらない」と感じて、ウォーキングをするのがめんどくさくなってしまったのだと思います。歩き始めてしまえば、刺激が弱いなどということはないのですが。(それでも、ゲームに比べたら弱いですね)

でも2時間くらい歩くと、ひとりウォーキングでもウォーカーズハイ状態になって、とても心地よく、開放感が得られます。ただ2時間歩くとなると、時間調整などの準備が必要ですし、歩く前はめんどくさいという気持ちで、なかなか家を出られなかったりします。

それに比べるとスマホゲームって準備もいらないから段取り力が無くてもできて、すぐに興奮できてしまう。それでいて、体を使わないから脳も余計に鈍くなります。

ゲームをやめなきゃって思いながら、なんで「やめなければならないか」が今ほど明確にわかっていませんでした。でも、「やめなきゃ」ってなにか恐怖のようなものを感じていた理由が、今は良くわかります。

何となく、勘とか嫌な予感って結構あたっているときがありますけど、言葉にはならなくても、自分では意外と良くわかっているものなのですね。

脱スマホゲーム、68日目。

にほんブログ村ランキング



↑応援求む(-人-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする