脱スマホゲーム100日達成!

脱スマホゲーム、昨日が100日目で、それを越えました(゚∀゚)ノ☆どや~。

まだ「克服」とまでは言えない気がしますが「ゲームやめた」とは言えると思います。

日にちが経つほど、ゲームへの執着が薄くなってになりますね(*´ω`*)。まだ「一生やらない」とまでは思えません。油断しているときに、ふとやってしまうかもしれないという不安が残っています。警戒心はずっと持ち続けようと思います。

ほとんど無くなった衝動が、まだ起こるときもあります。

やらなければならないことがあって、それをやりたくないとき。
「やらなくちゃやらなくちゃ、とにかく手を付ければ何とかなるから」っていうとき。

現実逃避です。

私の場合は仕事の資料の整理とか、資料を作るときですが(*_ _)、ゲームの誘惑が強くなります。(ちなみに資料や書類の処理は夜やることが多いので、ゲームをやりながらだらだら明け方までやることが多かったです)

でも、誘惑に負けてゲームをしたところで、ストレスはたまる一方です。やりたくないことが、余計にやりたくなくなるだけなのですよね。

100日前までは、それがわかっていても誘惑に負けて、苦しい後悔をして人生を消費してきてしまいました。歳のせいで寝不足がダイレクトに体調にくるし。

やらなければならないことって、後回しにするほど、重くのしかかってきてストレスになりますね。とにかく日々できる分だけ、こつこつとこなしていくしかないんですけど(*_ _)

で、ゲームはやめられたと言っていいかもしれませんが、代わりに今ハマっているのが、ヤフオク。(´Д`;)サイトを必要以上に眺めてしまいます。ヤフオクって当たり外れがあって、ある意味賭けなところもあって、普通のショッピングよりハマりやすい要素があるように思います。

何かにハマらないと生きていけないのか?…逃避したくなる現実のほうをなんとかすべきなのか?(゚∀゚;)闇が深いわ~。

でも、スマホゲームよりは、頭(想像力)を使っているし楽しんでいるのは確かです。ヤフオクは、あと数日で区切りをつけて、一旦(春まで)やめようと思っています。スマホゲームと違って、ちゃんと満足できているので、一旦やめるのもゲームよりは簡単です。…たぶん。

予定通りやめられたら「趣味」、やめられなくて苦しくなっても、まだやめられなかったら「依存症」ということで。今から10日後もやっていたら依存症。はたして…?(゚∀゚;)ドッチダ?

100日間のまとめとして、脱スマホゲーム時の「衝動」の経過観察を書いておきます(`・ω・´)エムの闘いの記録(笑)

〇1日目~10日目
習慣になっていて反射的な衝動。スマホを遠ざける必要がある。一日中衝動との闘い。

〇10日目~30日目
習慣は無くなりつつあり、無意識にやろうとする反射は無くなる。日に何度か強迫的な衝動。「やめ続ける」強い決意が必要。

〇30日目~60日目
習慣が無くなり、手元にスマホがあっても大丈夫。普段の衝動は弱くなっているが、油断は禁物。油断している時に強烈な衝動が起こるので、スリップしやすい。たった一回が命取りで、以前より依存症が加速すること間違いなし。警戒心を持ち続けることが重要。

〇60日目~100日目
習慣が断ちきれ、ゲームをやらない習慣ができる。衝動もほとんどなくなり、あまり意識しなくても過ごせる。しかし、ゲームの広告はあらゆるところにあり、強烈なので油断大敵。今後もやめ続ける決意を持つことが大事。

…こうしてみると、ゲーム依存も立派に病気だな~と感じます。ゲームをやめてもまた別の依存が始まることがあります。私の場合ヤフオク(´Д`;)。でもそれもきっとやめられる。そういう自信になっています。

にほんブログ村ランキング



↑応援求む(-人-)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする